ミニマリスト主婦の人生最適化計画

ミニマリストな主婦が人生を快適に過ごすにはどうしたらいいかを考えるブログ

ゲド戦記の精神不安定さがHSPにささる

f:id:manuruuu:20200720200406j:plain

www.fusakonoblog.com

先日はてなブログトップページをたまたま開いたらこちらの記事が目につきました。

ジブリが映画館で再上映されているなんて...!!

いてもたってもいられず、映画館で観てきました。

教えてくれた筆者さんありがとうございます!

 

一生に一度は、映画館でジブリを。

ジブリは何度もテレビで見てるけど、映画館の良い音響で大画面大迫力で見たいよ!!

なんて素晴らしい企画。

コロナだからなの?

コロナで上映作品減ってジブリを再上映してるの?

理由はどうあれ一生テレビ画面で見続けるのみと疑いもせずにいたジブリ

こんな機会を設けてくれて、それに遭遇できて幸せすぎる。

ぜひ定期的にほかの作品も再上映していただきたい。

 

www.ghibli.jp

 

今回の「一生に一度は、映画館でジブリを。」キャンペーン

風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記

4作品がラインナップされています。

 

この並び、『ゲド戦記』だけ異質ですね。

ほかの3作品に比べて人気も知名度も低いです。

あえてラインナップに入れるということは、

「観て!!再評価して!!」ってことでしょうか。

 

ということで私は『ゲド戦記』を観てきました。

公開当時、テルーの唄をよく聞いていたのですっかり観た気になっていましたが、

今回よくよく考えてみたら一回も観たことがなかったのです。

中学生の時に原作を読んだことがあるので記憶がごちゃ混ぜになっていました。

人の記憶はあてにならないものですね。

 

ゲド戦記

原作を読んだのはもう20年(!)も前だからあいまいだけど、ストーリー違いますよね?たぶん。

アレン、原作では父殺しなんてしてたっけ?あんなに病んでたっけ?

考察やネタバレ読みたいけどこの記事を書き終えるまでは我慢しています。

 

ほぼ前情報なしで観ましたが、感じたのは既視感。

リャマみたいな動物に乗ってるアレンとハイタカが、ヤックルに乗ってるアシタカに見えるー。

ハジア売りがジコ坊に見えるし、クモはエボシ様と同じ声だし。

 

感じた違和感はテルーが全然醜くないということ。

顔のやけどをピンクで軽やかに表現してるけど、前情報が無い状態で観た人はやけどだって気づくのかな?

中盤でテナーがやけどについて説明しているけど、それまでわからないんじゃないかな?

「この顔じゃ売り物にならない」「気味悪い」みたいに散々に言われてるけど、テルー全然醜くないよ。

ストーリーの中ではひどいやけどの跡なんだろうけど、観てる側としてはどこが?となってしまうのです。

 

主人公が精神不安定

主人公は17歳の若者アレンです。ゲドではありません。

ジブリの主人公といえば、気高くまっすぐで強い心の持ち主なイメージですが、

ゲド戦記の主人公アレンは本編の9割がた病んでます。

 

繰り返されるキーワードは「不安」。

この「不安」という言葉が出てくるたび、HSPである自分が揺さぶられます。

 

アレンはずっと不安そうな顔で、自信のないボソボソした話し方をしていて、不安でたまらなかった頃の自分を思い起こされるから。

 

たぶんアレンはHSPですよね。

真面目で優しくて自信がなくて不安でたまらない青年。

 

最後アレンが生と向き合えるようになり、精神が統一されて自信が持てるようになったとき、私にも安堵の気持ちが広がりました。

父殺しをするほど精神を病んでしまっても、いつか出口があり希望があるんだと思えたからです。

 

HSPは不安でボロボロになりやすいけれど、特性を活かして生きられるようになれば自信を持った魅力的な人になれるはず。

そう思える希望をアレンが叶えてくれました。

 

監督もHSPだと思う

アレンの精神不安定さを描くのは、実際に精神不安定になったことがある人じゃないと難しいと思うんですよ。

 

アレンは立派な国王の下で、偉大な父親とダメダメな自分を比べて精神不安定になってしまった訳だけれど、宮崎吾朗監督も宮崎駿という偉大な父親と比べられてきたんですよね。

アレンが不安を克服する様は、監督がこうありたいという思いを託しているんじゃないかな。

 

私は監督のことを全然知らないので想像でしかないんだけど、エンドロールで確信しました。

「テルーの唄」の作詞って宮崎吾朗監督だったんですね。

あの繊細な世界観と言葉はHSPだ。

 

だからどうということはないけれど、観たこともなかった映画の歌がなんで当時あんなに染み込んできてたのか、やっと腑に落ちました。

テルーの顔を醜く描かなかったのも、傷つく人がいるかもしれない、と考えた結果だったのかもしれませんね。

 

得意じゃないことを仕事にするという選択肢

f:id:manuruuu:20200720001557j:plain

パソコンを買いました。

今まで物を増やしたくなくてスマホで済ませていましたが、せっかくブログを書くならタイピングを上達させたくて、悩んだ末にノートパソコンを買いました。

 

私はパソコンに興味も関心も無いです。

対して夫はパソコンを自分で組み立てる程度にパソコン好きです。

 

「めんどくさいし安くて人気なのを適当に買おうかな~」

と思っていましたが、何を買ったらいいか夫に相談すると

「俺忙しいんだけど!」

と言いつつ

「メーカーはここで~、スペックは最低これくらい欲しくて~」

と嬉々として一緒に選んでくれました。

 

 届いたパソコンを開封してセットアップしました。

「俺仕事しなきゃなんだけど!」

と言いつつ夫も一緒にセットアップしてくれました。

 

私にとってパソコンのセットアップはよくわからないめんどくさいものでしかないのですが、

夫はセットアップやらセキュリティソフトのインストールやら各種設定やらを嬉々としてやっていました。

 

セットアップが終わって私は一仕事終えた気になりパソコンから離れましたが、

夫はしばらくパソコンをいじり続けていました。

電源を落とした後ももっといじりたそうにしていました。

 

あまりに楽しそうな様子が私の理解を超えたので聞きました。

「何がそんなに楽しいの?」

「進化した最新のスペックが楽しい。」

 

まじか…

答えも私の理解を超えていました。

 

好きな人には敵わない

私も大学時代は文系なりにパソコンを使っていて、文系の中ではパソコンに苦手意識を持っていない部類でした。

使うのはWord、Excel程度ですけど文系(というか私がいた学部)では私よりパソコンが苦手な人がたくさんいました。

だからパソコンは好きじゃないけど苦手意識は特に持っていなかったんですね。

 

セットアップ程度ならまあ普通にできるつもりでしたし、実際誰でもできるように設定されているものですが、私と夫とでは設定項目への理解度が全然違いました。

 

だいたいで「はい」「いいえ」を選ばざるを得ない私に対して

夫は理由を持って「はい」「いいえ」を選んでいました。

 

IT系スキルを身につければ今後困らない、なんて言いますし、

私も何かしら身につけられたらいいな、とささやかに思っていました。

 

でもさ、やっぱり好きこそものの上手なれで好きな人には敵わないんですよね。

 

私が必要に迫られて嫌々パソコンやITの知識を詰め込むのと

パソコン好きの夫が嬉々としてパソコンをいじってるのでは知識の蓄積や展開が全然違いますよ。

 

仕事をほったらかして楽しそうにパソコンをいじる夫を見て恐怖さえ感じました。

私の理解を超えている。

若干きもちわるい。

オタクってすげえ…

 

私がスキルを身につけよう!と一念発起してITの勉強をしてIT業界に飛び込んだとして

IT業界には夫以上の変態オタクがゴロゴロいるわけで

嫌々学んでる私が業務時間外にもITのことを考えてる変態に敵うはずもなく

劣等感にさいなまれて早々に脱落することがやすやすと目に浮かびますね!

 

パソコンがわからない人の気持ちがわかるという強み

夫はパソコンの設定や機能やスペックについて私に一生懸命説明してくれました。

知識が無い人でもわかるように噛み砕いて説明してくれました。

 

でも全然頭に入らず笑

 

同じことを聞くと「さっき説明したのに全然聞いてないんだから!」と言うのですが違うんですよ。

聞いてるんだけど右から左へ通り抜けてしまうんです。

 

夫が噛み砕いてわかりやすくしてくれた説明が私にとっては難しいんです。

いや、一語一語は難しいことは言ってないんだけど系統立てて理解できないから頭を通り過ぎてしまうんです。

 

たぶん、夫のパソコンへの気持ちが私の理解を超えているように

私のパソコンへの知識の無さ興味の無さが夫の理解を超えているんでしょう。

 

夫はパソコンがわからない人の気持ちがわからないのです。

わかろうとしてるけど、本質的にわかれないんです。

 

スポーツでも名選手が名監督になれるわけじゃないと言われますよね。

できない人の気持ちがわからないから。

 

私のような者の活路はここにあります。

パソコンがわからない人の気持ちがわかるという強みがあります。

 

 

ちなみに私は料理が好きで、調理法や野菜のこと調味料のこと、一生懸命に夫に説明しても説明した直後に同じことを聞かれるという現象が多々あります。

 

「俺料理に興味あるよ!」と言うけど往々にして頭を通り過ぎています。

本人は気づいてないようだけど、料理に関してはパソコンと逆転現象が起きています。

きっと私もわからない人の気持ちがわからず、わかりやすく説明できていないのです。

 

人より少しだけ知識があることを人に教えるくらいがちょうどいい

私がもしIT業界で生きていくとしたら、プログラミングのような実務の仕事では早々に脱落するでしょう。

でも、パソコンが苦手な人にパソコンを教えるという仕事なら、パソコン好きのオタクより私の方がうまく教えられるんじゃないでしょうか。

自分がわからなかった経験があるから、わからないポイントがわかるのです。

 

逆に料理の超初心者に料理のことを教えるなら、私より夫の方がうまく説明できるかもしれません。

 

人に何か教えるなら、得意なことを教えるより、得意じゃないながらに人より少しだけ知識があること、それを人に教えるくらいがちょうどいいのです。

 

ただ、得意じゃない興味がない分野を仕事にして楽しいかどうかはわかりませんね。

人の役に立つという点ではやりがいはあると思うんですけどね!

 

得意なことを仕事にするのはなかなかにレベルが高い

f:id:manuruuu:20200707153605j:image

この植物何だかわかりますか?

ブラックベリー」というそうです。

ネットで調べたので、合ってるのかいまいちわからないのですが。

 

自粛期間中、夫と2人でよく散歩していました。

コロナで大変な時に不謹慎ながら、穏やかですごく幸せな時間でした。

 

散歩コースにこの植物が植えてあって、実がなっていく様を通るたびに観察していました。

 

植物の種類がわかる能力

自粛期間に突入して、散歩をするようになり、この植物の存在に気づきました。

目を止めたのは花が咲いていたからです。

f:id:manuruuu:20200707155111j:image

出典 : 果物ナビ

こんな感じの花が咲いているのを見て、私は「ベリー系だ」とすぐにわかりました。

イチゴの花や、地元の道端に生えてたキイチゴの花と似ているからです。

葉っぱもベリー系の形をしています。

 

ラズベリーなのか、キイチゴなのか、何なのか、詳しい種類まではわからなかったのですが、「ベリー」の一種であることはわかりました。

 

その後実がなって、色づき、熟したところでネットで画像を調べ、「ブラックベリー」であることが判明しました。

 

夫と散歩していて思うのは、私には植物の種類を見分ける能力がある、ということです。

 

散歩中に生えている植物を見て、あれは梅だ、あれはじゃがいもだ、あれはローズマリーだと判別ができるのです。

花が咲いていなくても、実がなっていなくても。

 

夫は全くわかりません。

え?なんでわかるの?という反応です。

 

私が植物を判別できるようになったのは、子どもの頃、植物図鑑や植物の本を熟読していたからです。

 

特徴がインプットされてるので判別できるのです。

 

得意なことを仕事にする

私は今の仕事を辞めたくて、でもどんな仕事をしたらいいかもわからなくて、どうしたらいいかネットで調べまくっています。

そうすると出てくるのが得意なことを仕事にしよう!という言葉です。

 

得意なことを仕事にすれば少ない労力で成果が手に入るのです。

 

その通り。私も得意なことを仕事にしたい。

 

じゃあ私の得意なことって?

 

「植物の種類を見分けることができます!」

 

何の役に立つねん。

 

植物を取扱う仕事、農業とか造園とか野菜を扱う調理とかなら持っておくべき最低限のスキルでしょうね。

最低限のスキルであって、これができるから仕事ができる、とは言えないでしょうね。

 

私の実生活において、植物を見分ける能力は生活を豊かにしてくれます。

散歩や通勤路を楽しいものにしてくれます。

 

でも役に立つかと言われると、まあ日々の料理には役に立ってるかな。

仕事には結びつかないなあ…。

 

そもそも私が身につけた、特徴をインプットして種類を判別するって方法。

AIが大量のデータを蓄積して、犬と猫を判別できるようになる、それと同じですね。

AIに取って代わられる能力じゃないか。

 

突きぬければ仕事になる

しかし仕事にならないなんて書きながら思い浮かぶ人がいます。

さかなクンです。

 

さかなクンもきっと、子どもの頃に図鑑を熟読して実物も見て魚を判別するスキルを身につけたことでしょう。

 

私と違うのは、さらに知識と経験とキャラクターを積み重ねて突きぬけた存在になっているところです。

 

要はオタクですよね。

 

何事もオタクレベルで詳しくなれば仕事に結びつくと思うのです。

 

現状、私の植物への情熱や知識はオタクレベルとは到底呼べないものです。

そんなんじゃ仕事にはならないな。

 

でもさ、オタクレベルの情熱が無くても、コツコツ積み上げていけばオタクレベルの知識には辿り着けるんじゃないかな。

 

いつか「私の得意なこと」が仕事になる日が来る…かもしれませんね!

バジルも人も追い詰められると本気を出す

f:id:manuruuu:20200615215628j:image

こんにちは、まぬるです。

 

ベランダで育ててるバジルに花が咲きました。

バジルの花、知らない人多いんじゃないですか?

f:id:manuruuu:20200615215721j:image

こんな可憐な白い花が咲きます。

f:id:manuruuu:20200615215833j:image

全体像はこんな感じ。

 

実家の一軒家で育ててたバジルは毎年夏の終わり頃に花が咲いていました。

 

マンションのベランダで育ててる今回は苗を買って早々、6月に花が咲いてしまいました。

 

花が咲いちゃうと花にエネルギーが行って

葉っぱが育たなくなるから遅く咲いてくれたほうがいいんだけれども。

 

たぶん使い回しの土で栄養が足りないから

生命の危機を感じて子孫を残そうと早々に花が咲いたんだと思います。

 

バジルも人も追い詰められると本気を出す

 

人も一緒ですよね。

追い詰められて本気が出ます。

 

私自身、仕事で追い詰められて転職やブログにまじめに取り掛かりました。

 

今まで文句ばっかり言って行動できてなかったけれど、追い詰められたことで本気で動き出しました。

 

バジルの、花を咲かせる気迫、本気っぷりはすごいです。

 

私もバジルを見習って、鬼気迫る勢いで行動します!

人気ブログをつくりたいなら儲けは考えるな

こんにちは、まぬるです。

 

人気ブロガー、かん吉さんの本を読んでいます。

 

 

まだ読み終わっていませんが、導入部でさっそく目からうろこ、
頭をガン!と殴られたようにハッとさせられました。

 

心にささった考えをまとめます。

 

 

収益化を目的にしたブログはつまらない

ハッとしました。たしかに!その通り!

 

私自身、ブログを始めたのは稼ぎたいと思ったからです。


ブログを始めるにあたって、収益化する方法をたくさん調べました。

アフィリエイトの本も読んだし、ネット情報もたくさん検索しました。

 

そこに書いてあったのは
読者の役に立つ記事をかけば収益化できる」というものでした。

 

確かに、その通りなんですよ。その通り!

 

その通りなんだけど、私が書く記事は商品を売りたいオーラぷんぷんのものになっていました。

役に立つ記事を書きたいけど、書ける技術も経験もセンスも無いので結果、商品をゴリ推しするようなものになってしまいました。
(このブログの前にやっていたブログの話です。)

 

そんな売りたいオーラぷんぷんの記事、読んでる人は興ざめですよね。

 


そしてもうひとつ。

 

私自身ネットで日々たくさん検索をしてるわけですが、
収益化を目的にしてるブログはやっぱり読んでてもそんなにおもしろくないんですよね。

 

役に立つブログの記事はたくさんあります。
検索するたびにたくさん助けられてます。

役に立つブログで紹介されているサービスはクリックしたくなります。

 

でも、役に立つんだけど、
おもしろくてついつい読んじゃう!」っていうのはあんまり無いんですよね。

 

検索でたまたまヒットしただけで、繰り返し訪れたいとは思わないんです。

もちろん、また情報が必要になったら検索して再訪しますが、ブログ名でご指名検索はなかなかないです。

 

SEO的には大成功なんですけどね。

 

 

ファンを増やす

逆に私がブログ名でわざわざ検索したり、お気に入り登録するようなブログは収益化を押し出していない率が高いです。


この人どうやって収益化してるの?と思ったり、
もっと広告貼ればがっぽりだろうに、と感じたり。

 

そういうブログには繰り返し訪れるファンががっつりついています。
私自身もファンの一人として。

 

ランキングに参加してるならポチっとしたくなるし、紹介しているものがあれば気になります。
ブログ主が本を出せば買いたくなるし、事業をやるなら応援したくなります。

 

かん吉さんは
人気ブログ=ファンが多いブログと定義しています。

 

シンプルなことですが、本当にその通りです。

 

収益化にはキーワード検索で上位を目指すべきですが、それはGoogleによっていかようにもなってしまいます。
ファンがつけば検索に頼ることなく、日々一定数の来訪者が望めます。

 

そしてファンが熱心に応援してくれるのです。

 

 

収益は後からついてくる

優秀な店員やセールスマンなら、いきなり商品を売り込んだりしません。まずはお客さんとしっかりコミュニケーションをとり、「このお店は(人は)信用できる」と感じてもらうところから始めます。ブログも同じです。

引用:ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座 作者:菅家 伸,かん吉

 

目からうろこでした。

いや、当たり前のことを言ってるだけなんですが、ブログ界隈では稼ぐことに主眼が置かれがちです。

 

役に立つことを書いて、いかに早く収益化するか。

そういう情報ばかり見ていたので、

信用を築くことが大事」こんな当たり前のことに気づけなくなっていました。

 

読者のためになる情報を惜しげもなく提供し続けることで信用を築くことができます。

そうした上でマネタライズを始めると、信用が基礎となり収益化がうまくいくのです。

 

私のような初心者は、お金お金と躍起になりがちです。

でも下手くそだからお金お金考えてるのが読んでる人にバレちゃうんですよね。

 

そんな状態でファンなんてつかないですよ。

興ざめされるだけです。

私だって読みたくありません。

 

だから、下手くそな私は、まずはお金のことを考えず、読んでくれる人を喜ばすことだけを考えて、全力でファンを掴みにいきます。

 

そしていつかファンがついてくれたら、その時にマネタライズを考えるのです。

 

ファンが増えれば、お金は後からついてきます。

 

 

まとめ

会社勤めに嫌気がさしている私は、ついついブログの収益化のことばかり考えていました。

かん吉さんの本を読んだことで、ものすごくシンプルで大事なことに気づかされました。

 

人気ブログ=ファンが多いブログ

 

私はブログでお金も稼ぎたいけど、

ブログで人の役に立っているんだ、求められているんだ、と感じたい。

 

だからわたしの目指すところは

アフィリエイトで手っ取り早く稼ぐブログではなく(手っ取り早くできないけど笑)、

応援してくれるファンがついた人気ブログなんです。

 

小手先の技術でどうこうしようとするんじゃなく、

シンプルに、ただただ読者のためになる記事を書く。

 

千里の道も一歩から、

まずは「読者のためになる記事」を書けるよう、

試行錯誤しながらブログを書き続けていきます。

悩んで頭がぐるぐるする時は思考の断捨離をするとシンプルになる

f:id:manuruuu:20200613080130j:image

こんにちは、まぬるです。

 

転職するべきか悩んで頭がぐるぐるし、出口が見えなくなっていました。

転職するメリット・デメリット

転職しないメリット・デメリット

これが頭の中でうずまいて答えが出せなくなっていたのです。

 

昨日、歩きながらふっと思いつきました。

「シンプルに選択肢を断捨離すればいいじゃない」

 

私は損得勘定にとらわれていました。

でも、損得勘定にとらわれず、

シンプルに「不快」な選択肢を捨ててみました。

 

 

思考の断捨離をすると答えがシンプルになる

 

転職するかしないか、歩きながら思考の断捨離をしました。

「不快」な選択肢を捨てます。

すると「今の職場に残る」という選択肢がごっそりきれいさっぱり消えました笑

 

今の職場に残ることにメリットはあるけど(損得勘定)

今の職場が嫌でしょうがないんです。(不快)

 

デメリットが怖いけど、シンプルに「転職する」という選択肢が残りました。

 

 

損得勘定で考えるとぐるぐるしてしまう

 

「物の断捨離のとき、損得勘定で考えると捨てられなくなってしまう。」

 

ミニマリストの私にはわかりきっていたことでした。

 

なのに考え事になると損得勘定を中心に考えてしまっていました。

 

だって「転職」というと、メリット・デメリットをよく考えろ!というのが一般的だから。

 

「メリット・デメリット」を考えるのは大事です。 

でも自分がシンプルに幸せに生きていくには「快・不快」でシンプルに考える必要があります。

 

物の断捨離も、思考の断捨離も一緒です。

 

 

「快・不快」でものごとを考える

 

悩んで頭がぐるぐるしていた私ですが、

「転職するべき」という答えが出ました。

 

こんなにシンプルに考えていいの?と思ってしまいますが、幸せを選択するには大事なことだと思うんです。

 

こらから転職するために行動していきますが、

ひとつひとつの選択に悩むと思います。

 

そんなときは、「快・不快」で考えてものごとを考えて自分が幸せに生きられる道を選択していきたいです。

 

 

 

スマホからはてなブログにブログカードを貼る方法

こんにちは、まぬるです。

 

私は、スマホはてなブログアプリを使って、ブログを書いています。

 

アプリを使っていて不便だなーと思うのが

リンクの形態を選べないことです。

 

PCからブログを書くと、リンクボタンをクリックしたら

  • 埋め込み(ブログカード型)
  • タイトル
  • URL

3つのリンクの形態から選べます。

 

やはり見やすくて使いやすいのはブログカード型です。

 

なのに、アプリではブログカード型が選べないんですよ。

 

アプリで普通にリンクを入れるとこうなります。

はてなブログにログインしてるはずなのにログインできない!?の対処法 - ミニマリスト主婦の人生最適化計画

タイトルだけのシンプルリンク。

 

こんなん嫌だ!

ブログカード型のリンクを入れたいじゃないですか。

 

探したらスマホでブログカード型リンクを入れる方法ありました。

 

  1. ブラウザではてなブログ編集画面を開く
  2. PC表示にする
  3. リンクを貼る

 

私はiPhoneユーザーなのでiPhoneの画面で説明します。

 

 

ブラウザではてなブログにログインする

 

アプリではできないので、ブラウザではてなブログを開きます。

 

記事編集画面を開きます。

f:id:manuruuu:20200611215136j:image

 

なんとブラウザのスマホ版編集画面にはリンクボタンすらありません!

 

 

ブラウザのPC版編集画面を開く

 

スマホ版ではできないので、PC表示にします。

f:id:manuruuu:20200611215612j:image

 

左上の「AA」マークをタップ。

「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップ。

これでPC表示になります!

 

f:id:manuruuu:20200611215128j:image

 

リンクボタン出てきました。

 

URLを入れると

f:id:manuruuu:20200611220351j:image

  • 埋め込み(ブログカード型)
  • タイトル
  • URL

 

3つから選べるようになりました!

 

「埋め込み」を選択するとこの通り。

manuru.hatenablog.jp

ブログカード型でリンクが貼れました!

 

 

PC表示のやり方はブラウザによって違う

 

今回説明したのはSafariでのPC表示のやり方です。

 

f:id:manuruuu:20200612064559j:image

 

スマホ版編集画面の一番下には「PC版」ボタンがあります。

これを押せばPC版表示になると思いきや、なりませんでした。

 

そのかわり、各ブラウザでのPC版表示のやり方(はてなブログヘルプ)が出てきます。

 

Safari以外の方は、こちらのヘルプでPC版表示のやり方を確認してください。

 

help.hatenablog.com

 

まとめ

スマホはてなブログにブログカード型リンクを貼る方法は

  1. ブラウザではてなブログ編集画面を開く
  2. PC表示にする
  3. リンクを貼る

 

ちょっとめんどうな方法だけどスマホでもできます。

アプリでできたらいいんですけどね。